スマホ640pix



      ダーティワーク 3 荷物



 背中せなかがかるく、体がうかび上がるようでした。スコップをもどしてからの帰り道、ソルは体がフワフワしていました。ささえがないと、そのままパタンと、たおれそうな気がします。小さいころに、おみやげでもらった、フェアトレードのしょぼいオモチャを思いうかべていました。テーブルの上で、すぐにあおむけにたおれて、足だけウインウインしているやつを。

 町なみを一望いちぼうする坂道さかみちまでもどると、道のまん中で、ペタンと、すわりこみました。土まみれの上ずった手で、ペットボトルのせんを外し、トポトポ、かた手ずつあらいながします。かたむけたビンから気管きかん直撃ちょくげき、むせかえって、アスファルトを黒くぬらしました。ゲホゲホ、なかなかやみません。

 おぼつかない手で、なんどもあおって、地面じめんにこぼれた水は、坂道さかみちを細く下っていきました。うわぎは水をほとんどはじき、クビのすき間から入ったぬるい水が、オシッコみたいにパンツをぬらしました。それを不快ふかいにも感じず、あたたかいのような風に、しばらくつかっていました。

 むねいっぱい空気くうきいこんで、なれてしまったしおさを、からだじゅうで確認かくにんします。さっき見たはずのくもが、すぐにはみつからないほど、はなれていました。ぼんやり、けしきを見ているうち、下着したぎはもう、かわいていました。

 おわってしまえば、あっけなく、彼は空をあおぎ見ました。いつにもまして、くも異質いしつ存在感そんざいかんに目をみはり、見はるかす眼下がんかには、なみが広がっていました。その先は海。青い海が水平線すいへいせんで、ぷっつり切れていました。また、空を見上げました。しばらく、それをくりかえしていました。

 もう、なにもすることがありません。いつの間にか、にもつを処分しょぶんすることが、彼の重大じゅうだい任務ミッションと化していました。もはや、なんの義務ぎむもなく、かといってしたいこともありません。にもつから解放かいほうされたとたん、彼は支点してんをうしない、いとの切れたたこみたいに、どこか下流域かりゅういきへと、ながされてゆくようでした。生あたたかいかぜくと、みどりのヤツデの枯葉かれはが、カサコソ坂道さかみちを下っていきました。

 

 なつは高く、ますます、さかんになろうしています。暑気しょきの中に、かすかな冷気れいきがまじり、彼を困惑こんわくさせました。まだ、セミの時節じせつではありませんが、しずけさの耳鳴みみなりりがしました。

 ときおり、思いだしたように風がふきます。子猫こねこをあそばす母猫ははねこのシッポみたいに、道ばたの小さなアメのつつみとたわむれては、すぐにやんでしまいました。

 季節じかんは、彼をいてけぼりにしていくみたいでした。


「――あっ」

 おもいだしました。

「なにやってんだよ、あいつ」

 すっかり、わすれていました。カンオンのことです。

 些事しんぱいごと係船柱ボラードにして、とりあえず彼は、日常げんじつつなががれました。




 指環ゆびわを外し、かるく指先ゆびさきでなぞると、コロコロ、手のひらでころがしました。こんどはそれをつまみ上げ、目の高さまでもち上げました。

 ブラック・シルバーのシンプルなオーリング。その表面ひょうめんには、目には見えない微細びさいみぞと、うすい薄片せっぺんが、ウロコのように重ねられていました。少しずつきを変えると、複雑ふくざつ色彩しきさい斑紋はんもんが、パターンのように変化へんかしてゆきます。みずから発光はっさこうしてないのに、キラキラかがやくプリズム調ちょう色面しきめんが、マボロシのように表面ひょうめんからかんでいました。

 それをかし、黒い地金じがねが、ほの見えています。光の干渉かんしょうによって、ちょうはねみたいな複雑ふくざつ色彩しきさいを、それも明度めいどの高い、個々ここにまじりっけのない色をうんでいました。

 ダイは、それに魅入みいっていました。

 酸化鉄マグネタイトのような、マットな黒いシルバーからほとばしる、あかだいだいきいみどりあおあいむらさきみどり。とおざければ暗いシルバーのままですが、ちかづけると変化へんかします。ななめにしたり、ひねったり、うごかすと、人間の目には不規則ふきそくな、虹色にじいろ変化へんかをしました。――と、あそんでいるうちに、白くハレーションをおこし、もとの黒にもどりました。色がついているという感じがなく、視覚しかくもてあそばれているようでした。

 それを左手の薬指くすりゆびにはめ直すと、すらりとびた白いゆびを、ピンとそらしました。また虚空こくうにかざし、じっと、見つめました。

「ただのオモチャじゃねえか、こんなの」

 と、つぶやき、

「今どき魔法少女まほうしょうじょのアイテムだって、もっと、ちゃんとしてんぞ」

 と、はきすてました。

 ダイは組んだ手をあたまの下にしいて、ねころびました。もぞもぞ、ならすよう背中せなかたたみにこすりつけ、えずくようノドをらし、まぶたを下ろしました。とばりの下りた暗闇くらやみに、チラチラ色ともつかないものが、あらわれました。

 なじみのよるに身をおくと、きまって思いうかぶのは、ホルスや、おおじいさん、家族かぞくのことではありませんでした。いがいとガキ大将だいしょうめんもあった、まあまあたのししかった少年時代しょうねんじだいでもなく、すでに過去かことなった、はなやかなりし教祖活動きょうそかつどうのころでもありませんでした。現在げんざいから過去かこをとおして、彼にまつわる時間じかんが、意識いしき俎上そじょうのぼることはまれでした。

 ぼんやりしていると、自然しぜんとわき上がってくるのは、うしなわれた未来みらい、手に入れられるはずだった、未来みらい光景シーンでした。鎮火ちんかし切っていない可能性かのうせいのこり火が、つめたい熾火おきびとなって、彼の身をチロチロこががすのでした。

 もともと彼のゆめは、アイドルではなく、(自称)アーティスト志望しぼうでした。彼はあの手この手で、業界ぎょうかいにアプローチをこころみましたが、とうぜんというべきか、コネのない彼は、まったく相手あいてにされませんでした。生活せいかつにこまって、アルバイトでゲイもののAVに、でっかいマスクをつけて出た黒歴史くろれきしは、彼の中ではかったことになっていました。

 ばくぜんと、しかし熾烈しれつに、「(なんでもいいから)なにかになりたい」と、ヒップスターへの願望がんぼうをむねにめ、とうじの彼は、まいにちをモンモンとすごしていました。

 そんなある日、一つの求人きゅうじんに目が止まりました。「人まえに立つのが好きで、わりの良い日払いのおしごと」というのが、うたい文句もんくでした。そしてそれはたしかに、わりのよい仕事しごとでした。

 さいしょはノリノリでやっていた彼も、なぜか、だんだんと気のりしなくなっていきました。ある日、そんなつもりはないのに、ぽつっと不平ふへいをもらしたら、その月から、とつぜん給料制きゅうりょうせいになり、福利厚生ふくりこうせいがつくようになりました。けっきょくのところ、それらが動機どうきづけとなり、あきっぽい彼を、やめさせなかったのでした。

 彼は後悔こうかいしていました。たいして賃金ギャラが上がったワケでもないのに、それをえらんでしまったことに。むしろ源泉徴収げんせんちょうしゅうという名目めいもくで、へったくらいでした。身分みぶん保証ほしょうという、自由民じゆうみん(依存民)にとっての、縁遠えんどおあまいひびきに、彼はまどわされたのでした。

 どう考えたって、長つづきするような職種しょくしゅではありませんでした。けっきょく、歩合ぶあいの方が、わりがよかったのです。ありていに言えば、彼はだまされたのでした。

 それをみとめるとくやしくなり、みとめないと、なかったことになるので、もっとくやしくなります。でも今さら、どうすることもできません。どうころんだって、けでした。そんなわけもあってか、彼はむかしのことを思い出すのがきらいいでした。

 それにくわえ、今でもうまく説明せつめいするのがむずかしいのですが、ハラが立つというより、なによりゲンナリしたのは、とうじ、彼の身のまわりにいた大人たちでした。

 なんというか、その鼻持はなもちならない、玄妙げんみょうさをよそおった、気どった態度たいど。ほぼ全員ぜんいんが「オレだけが大局たいきょくに立ち、俯瞰的ふかんてきにものごとが見えているんだぞ」という口のきき方で、慇懃無礼いんぎんぶれいさをよそおった下に、それがけて見えていました。

 とくに彼のような、一見同列いっけんどうれつで、かつ下の立場たちば同性だんせいには、ポリティカル・コレクトネスを気づかうこともなく、いっそうそれが顕著けんちょになるのでした。もっともダイの方でも内心ないしん、彼らのことを一括いっかつして、「キモヲタども」と、さげすんでいましたが。

 じっさいメンバー間でも、口ゲンカがたえませんでした。大方がカンオンもちで、自立民じりつみんである彼らの特徴とくちょうは、どんなにケンカになっても、けっして暴力ぼうりょくにうったえないところにありました。それがまた、自由民いそんみんそだちのダイを、イライラさせるのでした。

 また、彼らの中には、かつてのメンバーとの訴訟そしょうをかかえている人も、少なからずいました。いちばん年下で、実質じっしつペーペーのダイにすら、裁判費用さいばんひようのカンパをもとめられたときには、さすがに閉口へいこうさせられました。

 彼らはみずからの言論的立げんろんてきた位置いちを、超保守主義ちょうほしゅしゅぎとしていました。もしくは積極的後退せっきょくてきこうたいとか、明るい中世ちゅうせいとか、活発かっぱつ原始げんしなどと、もったいぶって定義ていぎしていました。彼らは論破ろんぱというコトバをよく口にしましたが、それになんの価値かちがあるのか、ダイにはサッパリわかりませんでした。

 しかし、その主張しゅちょうのわりには、メンバー内のカーストの上位じょういをしめるのは、より、めぐまれた高度共有者こうどきょうゆうしゃ(高学歴者)たちでした。――めぐまれたというのは、本人の資質ししつ環境かんきょう、つまり生まれとそだちのうん要素ようそと、彼が将来しょうらいみずから習得しゅうとくするであろうペルソナ(社会的外面、身分)が、ほぼ変わらないからです――さらに有利ゆうりなのは、見た目がスマートなものや、生まれつき他人ひとから好印象こういんしょうやすい、タレント特性とくせいをもち合わせた人たちでした。クラランではありきたりの、評価型社会ひょうかがたしゃかい縮図しゅくずそのものでした。

 おなじ高度共有こうどきょうゆうでも、適正てきせいによってり分けられた理系適正出身者りけいてきせいしゅっしんしゃが、文系適正出身者ぶんけいてきせいしゅっしんしゃをこき下ろすのは常態デフォルトで、おたがいの出身解放区しゅっしんかいほうくを、古めかしい名でよび合ったりする、キザったらしいのもいました。

 プライベートでも、彼らは安心あんしんしていられません。その差異化さいかは、趣味しゅみ範囲はんいにもおよびました。各自かくじ趣味しゅみ種類しゅるいと、その村内そんないにおけるランクづけもあったからです。彼にはついていけない、に入りさい穿うがった、セクトわけの細分化さいぶんかがされていました。おもしろいのは、金持リアじゅうちほど自然派アウトドアで、底辺ビンボーほど画面派インドアなとこでした。

 一方、とるに足らない趣味しゅみ、にわか、深入ふかいりしすぎは、ヲタクとよばれる原因げんいんになりました。そんな烙印らくいんをおされるようなヤボったい人は、どんなにえた発言はつげんをしようともかろんじられ、みんなからされることはありませんでした。

 彼らは、比較ひかくとりことなっていたのでした。彼らがもっとも意味嫌いみきらうルソーが、なにより問題視もんだいしした、楽園追放らくえんついほうによる災厄さいやく重荷おもにに、だれかれとわず、みんなとらわれていたのでした。

 ダイにとって、現実げんじつが見えているか、いないかなんて、どうでもいいことでした。彼にとって重要じゅうようなのは、「なぜ」ではなく「いかに」でした。リアリティよりアクチュアリティ、現実げんじつより現実味げんじつみでした。それを心地ここちよく、こころよく、あじわいたいだけでした。

 ある時、ある幹部かんぶクラスのメンバーが、それを見すかし「行為にあらず、行為に関する意見こそ、人を動かすものぞ。――エピクテートス」と、いいはなちました。キョトンとするダイ。彼を尻目しりめにやつはナカマとクスクス。ワケがわからないので、はずかしくも、くやしくも、なんともありませんでしたが、じぶんが侮辱ぶじょくされたことだけは分かりました。彼はただ、デスノートにやつらの名をしるしただけでした。だれもカンオンによるカンニングは、問題もんだいにしませんでした。

 そんな彼でも時として、気にいらない原稿プロンプターには、言いそびれるとか、滑舌かつぜつをわるくするといった、無意識むいしき編集こうぎをするのでした。

 いよいよ当局とうきょくの手がせまったとき、彼をがしてくれたのは、いがいにも、そんなヲタクとよばれる人らの、ポンコツ・リーダーてきな人でした。――おだててメンドウなことをおしつけ、ポンコツあつかいすることでしか上の立場たちばをゆるせない、しき民主主義デモクラシーです――おなじヲタク実動部隊じつどうぶたいの中でも、バイトリーダーと、やゆされている人物じんぶつでした。彼がすべてを手配てはいし、要領ようりょうよく、ダイをみなとまで手引きしてくれたのでした。人は見かけによらないと、今でも彼は、そう思っていました。

 その分かれぎわ、彼に、こういわれました。

「むこうについたら、三人の男たちがいる。きみは、その三人のそばにいるだけで、それ以外いがいなにもしなくていい。ただし、なにがあっても24時間、その指環ゆびわだけは、けっして外してはならない」

――と。

 ダイはころんだまま、クルクル指環ゆびわをいじくりまわしていました。べたべた指紋しもんだらけにして、ためつ、すがめつ、それを、ながめていました。

 おかでの記憶きおくはしだいにうすれ、にくしみは抽象化ちゅうしょうかされていきましたが、その男のかおだけは、今でも鮮明せんめいに思い出せるのでした。


(他サイトでも投稿しています。)

←戻る みなし児ヴィデオ・オレンジ 32 (ダーティワーク 2 地下)
→次へ みなし児ヴィデオ・オレンジ 33 (雨雲)