スマホ640pix



      オンショア(海風)


 銀行屋《ぎんこうや》からの連絡《れんらく》は途絶《とだえ》えましたが、ダイは、しじどおり枝道《えだみち》に入りました。山の中で電波《でんぱ》がとどかないせいか、トランシーバーはノイズしか入りません。れいの土建屋《ゼネコン》さんの広場《ひろば》に出ると、すでにソルの痕跡《こんせき》すらなく、しかたなく、彼は本道《ほんどう》にもどりました。
 とりあえず彼は、目の前の山づみの土砂《どしゃ》を、オフロードバイクでのりこえました。
 さて、これからどうすんの? 
 ダイは湿《しめ》ったヘルメットの中でつぶやき、鼻水《はなみず》をすすりました。「ハァー」と息《いき》をはき出すと、さすがに白くはなりませんでした。
 なにも思いつかないまま、サイドスタンドをけって、走り出します。後は、どくじの判断《はんだん》で進《すす》むしかありませんでした。


 ソルは身も心も、さっぱりしていました。おおむかしに、山の頂《いただ》きから落ちて来たらしい、とうげぞいの大きな石の上にすわり、かた足を、ブラブラさせていました。ほぼ無人《むじん》の島《しま》では、どこにいてもおなじですが、とりわけ、ここはしずかでした。渚《なぎさ》からはなれた、風むきと反対の山面《やまづら》には、海風《うまかぜ》が強くまわりこむことはありません。陸《おか》の里山《さとやま》のような、おだやかな景色《けしき》に一人たたずんでいると、下界《げかい》から、けたたましい4ストのエンジン音が、ひびきわたってきました。
 下からの音には、とっくに気づいていましたが、ぼんやり、来訪者《らいほうしゃ》をまちうけていました。彼にはもう、にげる意味《いみ》も、気力《きりょく》も、ゆき先もありません。無責任《むせきにん》に大人にまるなげするチャンスを、みはからっているみたいでした。さんざんやりちらかしておいて、ズルいようですが、ズルくなくては生きていけないのも、現実《げんじつ》の一の側面《そくめん》です。すくなくとも、それを学《まな》んだ旅《たび》ではありました。それに、今ズルくしておかないと、この先もっとズルくなるような予感《よかん》がして、今やそちらの方を恐《おそ》れるのでした。
 ピンクのツナギを着たライダーが、バイクからおりました。ひさしのあるヘルメットをぬぎながら、こちらにちかづいてきます。かなりビビッていましたが、彼は根《ね》っこが生えたように、けっきょく立ち上がりませんでした。
「よお」
 ゴーグルを上げ、ダイはいいました。
 あんしんしたソルは、ちょい、かた手を上げました。
 ダイがほほえむと、ソルも片頬笑《かたほえ》みました。
「おむかえに上がりました。お姫《ひめ》さま」
「かえんの?」
「おたわむれを」
「じゃあ、かえるか」
 うながされるまま、さっさと後ろにまたがりました。
「なんかスカスカだな、このバイク」
「オフロードだからね」
 ダイはヘルメットをぬいで、ソルにかぶせました。
 ソルにとって、宅配《たくはい》(普及しなかったドローン)をのぞく趣味《しゅみ》のバイクは、リッターバイクのことでした。もったいなくてオフロードを走れない、クチバシの出たアドベンチャーや、ピカピカのクロームメッキのカスタムパーツでかざりたてた、走る着せかえ人形《にんぎょう》こと、かち組おじいさんのハーレーデビットソンなどがそれでした。
 
 二人のりのバイクは、エンジンブレーキで、どんどん坂道《さかみち》を下っていきました。とうげを大きく低速《ていそく》でまわりこむと、一気に、青い煌《きら》めきと潮風《しおかぜ》がとびこみます。ソルはヘルメットのアゴをずらし、あたまに風を入れました。彼が山に入ったのは、ほんのちょっと前のことなのに、ふと、その匂《にお》いと眼下《がんか》に広がる青に、なつかしさを憶《おぼ》えました。
 道がたいらになるにつれ、海は見えなくなりましたが、風の強さだけはかわりませんでした。底《そこ》に着くと、島内《とうない》で一番大きな道、島の外縁《がいえん》を一周《いっしゅう》する、環状線《かんじょうせん》にのり入れました。
 ダイは下っているさなか、背中《せなか》の圧迫感《あっぱくかん》に、少しだけホルスを思いだしていました。しかし今のじぶんには、どうすることもできません。それいじょうは考えないようにして、港《みなと》ゆきの道にハンドルをむけました。
 まぶしく照《て》りかえす白磁《はくじ》のようなボディに、「ONSHORE」と青く書かれた船《ふね》は、すでに進水《しんすい》をすませていました。この船《ふね》がドックから出るのは、一度きりの試運転《しうんてん》についで、今回で二度目でした。真空《しんくう》パックづめされたようなオンショア号《ごう》は、まあたらしさをとどめ、ソルがのって来た船《ふね》より、二回りほど大きいサイズでした。とうぜんというべきか、帆《ほ》はついていません。港《みなと》には、ママが一人だけでした。
「おつかれぇー」
 ニコニコ顔《がお》のママは、日かげでダイにいいました。風がふくと顔《かお》がスッポリかくれてしまう、つば広のボウシ。カマキリみたいに大きなブラウン・グラデーションのサングラス。すけたサマーニットの上にショールをはおり、二の腕《うで》までカバーする薄手《うすで》の黒いロング・グローブ 。ショートスカートの上に透《す》けたロングを重ね、太いヒールのサンダルをはいていました。
「おつかれぇー」
 うしろのソルにもいいました。
「ぜんぜんだよ。すぐに見つかった」
「アラ、盛《も》り上がりに欠けるわね」
 ちらっと、ソルを見て、
「ちょっとボクゥ、もっと、しっかりしなさいよぉ」
 かるく手で、たたくそぶり。
「ハハ」
 ひきつり笑《わら》いのソル。
「なんか、トランシーバーきかんのよ」
 ソルにかぶせたヘルメットをとり、じぶんが、かぶりました。
「じゃあ、これから銀行《ぎんこう》まで、一っ走りしてくるから」
 ママはぐっと、ツナギの腕《うで》をつかみました。
「いいのよ、いかなくて」
「はっ?」
「いかなくて、いいの」
「え、なに? またオッサンどうしケンカしたの? それとも痴話《ちわ》ゲンカ? (笑)」
「そうじゃないの、もういいの」
 アゴを船《ふね》にしゃくって、
「これは、やめにするの」
「はぁ?」
 困惑《こんわく》するダイ。
「なに、オレのいない間に、きまったの? トランシーバー切れてたとき?」
「まだ、だれも知《し》らないわよ。ここだけの話《はなし》」
「知《し》らないって? あんたなにいってんの?」
「あらぁ、べつにおどろかなくても、いいじゃない。|いまさら《・・・》」
 ママは、口もとに手をあてました。
「今さらって……」
「みんな自分の意志《いし》で、ここにきてんじゃいないの、アンタだってわかってんでしょ? たとえ無理強《むりじ》いされなくったって、けっきょくどこにも行き場がなくって、他よりは好条件《マシ》ってだけで、ここを選《えら》んだだけなの知《し》っているでしょ? どうせアンタだって、なんかのヒモつきでしょ?」
「……」
 ダイは、だまっていました。めいかくな自覚《じかく》はありませんでしたが、じぶんを逃《に》がしてくれた背後《はいご》に、ビンボー弱小《じゃくしょう》教団《きょうだん》いがいの、なにものかがいることぐらい、うすうす、かんづいてはいました。しかし他の三人とちがって、それがいったい何《なん》なのか知りもせず、その関係者《かんけいしゃ》とおぼしき人間とも、会った記憶《きおく》がありませんでした。彼は対等性《たいとうせい》をたもつため、わざとだまって、ふくみを持たせました。
「チェロキーは?」
「知《し》らないわよ」
「ん、どっちの知《し》らないなの? チェロキーはこの話《はな》し知《し》らないってこと? それとも無視《むし》するってこと?」
「いいの、あれはほっといて。これは、ここだけの話《はな》し。わかるでしょ」
 ダイは、ふりかえってソルを見ました。
 思わずソルも、ふりかえりたくなりましたが、しかたなくダイに目を合わせました。
「だってよ」
 ママにふりかえって、
「で、どうするの?」
「どーするって、わかんないわよ! ――てか、この船《ふね》買《か》ったときから、マーキングずみなのぉ!」
 だしぬけにいう、ママ。
「ふ~ん。で?」
「ちょっとぉ、マジメに聞いてんの?」
「聞いてるよ。それで?」
「だからー。この船《ふね》で、のこのこ出ていっても、すぐつかまっちゃうってハナシ」
「で?」
「でって?」
 聞き返すママ。
「それで?」
「……」
 口ごもるママ。
「いや、なんで、そんなこと話《はな》すの? なんで、あんた知《し》ってんの? それをおれらに教《おし》えて、なんのメリットあんの?」
 やつぎ早に問いただす、ダイ。
「それは……」
 ぎゃくギレのように転調《てんちょう》、
「――そぉんな、いっぺんに言われたって、答《こた》えらんないわよ(笑)」
 竹中直人みたいな、おこり、わらい。
「じゃあ、一コずつ、じゅんばんに答《こた》えてよ」
「きゅうに利口《りこう》ぶるんだからぁ、もう。ホーント食えないわねぇ」
「えーと、なんだっけ?」
 すっとぼけているのか、たんにボケているのか、よくわからないママ。
「もういいよ」
 手ではらうしぐさ。
「どうせ、うまいことはぐらかすに決《き》まってるし。あんただって、自分のラスボスだれかなんて、知《し》らないに決《き》まってるし。自分がなにを知《し》ってて知《し》らないのかすら、知《し》らないんじゃないの? ――ホラよくあるじゃん、ゲームとかで。本人も上位キャラだと思ってたら、使いすての雑魚《ざこ》キャラだったてやつ。その下の、下っぱの下っぱなんでしょ、あんた」
 ダイは半分あてずっぽうに、わが身におきていることを、そのまま置《お》きかえていいました。
「よく、舌《した》のまわること。コワイコワイ。そう、ミもフタもないこと言わないでw」
 顔《かお》はわらいつつ、氏んだ目のママ。
「どうでもいいけど、識別装置《しべつそうち》とか外せないの」
「やってみる? やつらが後からつけたとでも? 言ってはなんだけど、あたしだってこう見えて、もとはカンオン持ち(自立民)なのよ。今どき製造段階《せいぞうだんかい》からタグ(個別認識)埋《う》まってるのなんか、常識《じょうしき》なのよ」
「――イヤ、知《し》ってるし(笑)」
 ダイは苦笑《にがわら》いをして見せました。
「気を悪《わる》くしないでね。だから無理《むり》なのよ。それとも、ごっそり制御装置《せいぎょそうち》ごとぬきとってみる? ほとんど筏《いかだ》になるから。――ていうか、うごかないから。港《みなと》から出ることすらできないわよ」
「いちおう、聞いただけさ」
 ダイは、べつに動揺《どうよう》していませんでした。だって今のところ、ソルをふくめたこの中で、彼がいちばんの部外者《ぶがしゃ》ですからね。
「でもよく考えたら、こいつのこと、まだバレてないんじゃ――」
 親指《おやゆび》でソルを指《ゆび》さしました。
「バレてるに決《き》まってるでしょ!」
 二人がドッキとするほどの大声《おおごえ》を、ママは出しました。
「銀行屋《ぎんこうや》がとっくに、報告《ほうこく》してるわよ」
「あんたの方は、どうなんだい?」
「あたしは……」
「まあいいや。じゃあ、どうしろと? どうでもいいけど、あんたもしかして……、うらぎってる?」
「子度藻はそーんなこと気にしなくて、いいのぉ(笑)」
 一変《いっぺん》、態度《たいど》を軟化《なんか》させました。
「あ、そ。べつにキョーミないし」
 おもったよりアッサリダイにいなされ、やや不満気《ふまんげ》なママ。
「だいたいガキ一人ぽっち、頃しゃしねえだろ。フッー」
 ぶっきらぼうにいう、ダイ。
「そぉんなの分かんないわよ。あたしにだって。それに――、むこうについて捕《つか》まってからじゃ、遅《おそ》いし」
「じゃあ、どうすんだよ」
 ソルがその音に、いちばん早く気づきました。聞いたことのあるエンジン音です。
 チェロキーのゼブラ模様《もよう》のジープが、防波堤《ぼうはてい》の上にあらわれました。