スマホ640pix



      目覚め 1 エリゼ



 ざわめきが、イシキを形づくっている。朝。いやおうなく朝だ。彼は目覚めた。古い今日が過ぎ去り、もう新しい今日がきた。ま た一日が消化されるのをまっている。彼は今日を更新しかねて、目をつむったままでいた。この在り様を、どのタイミングで今日にのせるか、はかりかねてい た。結局あきたので、その体を起き上げることに「ソル」として、同意した。



 ゆっくりと、時間をかけてあくブラインドが、もう開ききっていました。おさえたトーンのささやきから、ざわめきへ。子らのおしゃべりと空調くうちょうに、しずかなペールギュントのしらべがまぎれています。

 子らがおきだしました。ベッドでねむっている子。長イスにねむっている子。ゆかに、じかにねむっている子もいました。ゆかは足が しずむほど、やわらかです。みんな、チュニックみたいな服を着ていました。ベルトのないスソ長で、あわい色の、色ちがいを着ています。それをスポンと、ア タマからかぶっています。

 とくに、ソファやユカでねむっている子には、かわったかっこうの子が、たくさんいました。黄色と黒のタオル地のつなぎに、つづれおりのシッポと、耳つきのフードをかぶった子。原色のセーラー服をきた、みじかいスカートの子。第三帝国軍だいさんていこくぐんふうふうの、カッチリとした制服せいふくに、制帽せいぼうと、赤い腕章わんしょうをつけた子。ギザギザのセビレと太いシッポで横むきになり、その口から顔の出た子。カイジュウの目が、チカチカ光っています。

 おはようのあいさつが、あちこちから、こだまします。みぢかな友だちにではなく、小さな黒い球体きゅうたいに、あいさつしています。フワフワ、みんなの体のまわりにうかんでいるそれは、おもてはツルっとしていて、ハニカム(ハチのす)のラインが入っています。一人につき一コずつ、子らのまわりにうかんでいます。それは電話でんわにもなり、ここにはいないだれかさんとも、おはなしできました。

 そのときのしゅんの ナカマとの、おしゃべりがはじまりました。みんなのおしゃべりの合間に、ソルは着がえます。うすくすける生地と、すけない水色の生地をあわせた上着。それ に白っぽいホットパンツと、インディゴ・ブルーのスリッポン。彼はあいさつがキライだったから、しなくていいようにしていました。



 ソルは休息きゅうそくルームのはしをとおって、ゲートへむかいます。ひかえめなヘヤの内装ないそうのなかで、ひときわ目だつカベの前に、さしかかりました。

 カベはぜんぶ、スクリーンになっています。今週のテーマは、海の世界でした。カべいちめんにピンクの海が、えがかれています。光のスペクトルみたいに、ゆらめく海藻かいそう。アコヤガイのおさらをはみ出した、にじ色のしんじゅ。ジェリービーンズのような七色の小魚と、海のけものたち。それらにまじって、空想くうそうの生きものもいました。クレヨンタッチの絵は、子らがテンプレとトレースをくしして、手をよごさず、空間くうかん素手すででえがかれました。

 ソルはつよく、せなかをたたかれました。

「かってに、一人でうろつきまわらないでね。まったく」

 ジュリでした。シッポのみじかい、そめた赤毛のポニーテール。ソルと色ちがいのジャケットをきています。ペール・オレンジにすけた生地きじと、テロテロのパウダー・ピンクの合わせ地。白っぽいホットパンツと、クリーム色のスリッポンをはいています。

「あんたが一人でいるってことは、こっちもジドーテキに、一人でいるってことになるの」

「わかる?」

「……」

 彼はカオナシの、モノと化しています。

「えー、わたし今すっごい、こどくキャラなんですけど!」

「ぽふっ」

 くぐもった音でおしゃべりがやみました。ろうかに引かれたセンターラインりょうがわの、みんなの視線しせんがあつまります。その視線しせん放射線ほうしゃせんせんのちゅうしんに、一人の男の子が立っていました。今日のピエロかヒーローか、みんなのねぶみが、彼にささります。

 みんなは彼に半分の自分を見る。ソルはそれいじょうに見る。だから彼は前だけ見て、そそくさ、足早にそこを立ちさります。彼のきらいなラベンダー(心をおちつける作用があります)のかおりがはなをつくのは、さけられませんでした。

 ろうかは、特殊表面加工とくしゅひょうめんかこうされていて、うわばきは、それへ、ほどよくグリップします。それでも、ころぶ子はいました。想定そうていされる0ではない事故確率じこかくりつと、最悪さいあく結果けっか。そのためのエア・バックがありました。ゲルシートのゆかは、のっぺりとしてこころなし、しめっています。その見えない切れ目から、しゅんじに、ふうせんがふくらみました。もっとも、かどの安全バイアスのせいで、結果誤作動けっかごさどうは、仕様いつものことでしたが。

 この建物たてものの中には、センサーが毛細血官もうさいけっかんみたいに、はりめぐらされています。それをいってにとりしきっているのが、黒い球体きゅうたい「カンオン」でした。それはにしてぜんぜんにしてとして、機能きのうしていました。カンオンとは、その総体そうたいのこともさしていました。

 ソルは、なだらかなカーブにさしかかります。りょうがわのカベのめんは、とてもやわらかくできていました。もし、ぶつかったとしても、体がスッポリかくしてしまうほどの弾力だんりょくで、うけとめてくれました。そのパターン認識にんしきでは、エアバックが開かないのをしっている子らが、よくぶつかりごっこであそんでいました。ゆるく設計せっけいされたカーブでは、走っても死角しかく発生はっせいしませんが、半透明はんとうめいのカべが、つねに先まわりの映像えいぞうをていきょうしていました。



 ソルたちの今いるところは「エリゼ」とよばれる、解放区かいほうくです。解放区かいほうくとは、みなさんの通う学校と、みんなですむ大きなお家を、たしたようなものです。よりせいかくには、建築物けんちくぶつではなく、その敷地しきちと、そこに立った構造群こうぞうぐんのことをさしていました。

 ソルがはじめてエリゼにきた日、それは彼にとって、気がとおくなるほど、はるか昔のことのように感じられました。「すぐ帰れる」と彼は、なぜか、ばくぜんと思っていました。その不可逆性ふかぎゃくせいに気づいたとき、自分が無限むげんに引きのばされる、細い糸になったような気分になりました。

 解放区かいほうくは、「子」の時間を保障ほしょうする、子らのトポスいばしょとして誕生たんじょうしました。「子」というとくべつな時間のために、それはありました。ここエリゼには、子らと、かぎられた大人しかいませんでした。




 ジュリが透明とうめいな、しきりゲートをとおって、まだ女子でうまりきっていない、前れつの席につきました。ゲートといっても、ゆかにデコボコのないバリアフリーの、アーチじょうのくぐり門でした。ルームきょうしつのかべは、こしほどの高さしかありません。半透明はんとうめいなカベにそれがかかっていました。

 ジュリは、とおまわりになるのに、わざわざソルの横をとおってすわりました。ソルを見ないよう、まっすぐ前をむいて。彼はそのいとに、きづきませんでした。さっきのそうどうの時にも、ジュリは一番前にいました。たいがい、イベントごとの前列ぜんれつは、女子でした。ハン(班)になる時いがいは、席じゅんは自由じゆうでした。

 ジュリは、ソルの「ソウルメイト」です。ソウルメイトとは、ハンのなかの異性同士いせいどうしの子が、かわりばんこで組むパートナーです。みなさんのいう友だちは「ナカマ」にあたり、親友は「ホントノナカマ」とよばれたりします。


 乳白色アイボリーでまとまった、六面の空間。あわく色ちがいのボールいす。いすの合間に、もうしわけていどの、まるみをおびた小さなテーブル。その上にうかぶ、やや大き目のカンオン。ここは、ルームとよばれています。ルームというのは略称りゃくしょうです。ただしくは、共有空間きょうゆうくうかんといいます。共有きょうゆうとは、みなさんが毎日うけている、授業じゅぎょうとおなじことを意味いみします。


 ざつだんにふける子らは、みんな手ぶらでした。フキダシのバルーンが、ルームの天井てんじょうまで、ギュウギュウにつまっていました。

「ガヤガヤガヤ……」

 大人がはいってきました。

「おはよおぉ」

「おはよう、シュザンヌ。」

 子らが、へんじをかえします。

「おはよおぉ、○○」

「あ、おはよおぉ、○○」

 前に出したりょう手をこきざみにふり、あいさつの後に、その子の名前をそえます。

 シュザンヌ(28)は、キャッチャーです。キャッチャーとは、みなさんの通う学校の、先生のつとめにあたります。児童じどうの方をさすことばは、ともだちの言い方とおなじ「ナカマ」とか、「一員いちいん」といいます。キャッチーもふくめ、いつもみんな、ファーストネームでよびあっていました。

 ルームのすみっこにはもう一人、べつの大人の人が立っていました。コーディネイターの彼女は、一般公募いっぱんこうぼからえらばれた、ミドル中年女性じょせいです。コーディネイターとよばれる彼女らの、その審査基準しんさきじゅんは、せけんのなぞでした。いつもきまったような人ばかりなる、と他の大人たちがいっているのを、ソルはきいたことがあります。子らに「よりそう」のが、その役目やくめだとか。じっさいは、子らとざつだんするていどで、これといったことは、とくになにもしていませんでした。よくわからない、あいまいな存在そんざいで、ソルだと、彼女の名前もしらなかったし、はなしたことさえありませんでした。

 シュザンヌは、一人一人とあいさつをかわし、おしゃべりをしてまわります。その足どりはいっけん、のたくってみえます。彼女は動作経済どうさけいざい最少単位さいしょうたんい、サーブロックにしるされた、地図の道じゅんにそって歩いています。各動作かくどうさ時間配分じかんはいぶんと、会話かいわメソッドなどがもりこまれたそのライン工程こうていを、一週間のワンセットでループしていました。

 カンオンが空中で、ガイドラインをうつしています。シュザンヌの正面からしか見えない「視野角しやかく0度」で照射しょうしゃされていました。あらゆる備考びこうと、アシスタンス情報じょうほうが、その道々にころがり、すべきことの優先順位ゆうせんじゅんいが、色わけされたブロックごとにうかんでいました。

 そのラインの先導者アイコンとして、彼女が設定せっていしたのは、懐中時計かいちゅうどけいをもったスーツすがたのウサギ、あわてんぼうのハンスでした。ちょっと、おっちょこちょいな彼がライン上を、とんだり、はねたり、うたったり。彼の軽率けいそつなしくじりが、彼女の心をおちつかせる作用さようをもたらすと、期待きたいされました。

 ときには、脳波のうは血圧けつあつ体温たいおんSpO2(血中酸素飽和度)などで、彼女の心をよみとり、いっしょに泣いてくれたりもしましたっけ。ハンスはキャッチャーとしての彼女を、つねにはげましつづける、心強い伴走者パートナーでした。


 ソルはこの朝の時間がきらいでした。あいさつじたいが、きらいでした。

「おはよおぉ、ソルゥ」

 子らと目せんを合わせるために、彼女はかならず、しゃがんでからしゃべります。そういうキマリでした。

「ソルは、あいさつしないのぉ」

 むねのあいた、ベビーピンクのフリルブラウスつきスーツ。ラメ入りフェイスパウダーで、目のまわりをキラキラさせ、耳にはペール・ピンクのワイヤレス・イヤホン。おかしみたいなグルマン系の、ヴァニラのかおりをただよわせています。

「オハヨ」

 たんぱつでかえすソル。

「おはよおぉ」

「……」

「……」

 しばらく間があきました。この世界の人たちは、沈黙ちんもくをひどくおそれますが、それに対してソルは、無頓着むとんちゃくというか無責任むせきんでした。

 キャッチャーは、キャッチャーどうしみんなで共有きょうゆうする、あるノートをもっています。ノートといっても、形がなく、だれのもち物でもありません。カンオンがまとめた情報じょうほうを、キャッチャーどうしのみ閲覧えつらんできる、秘公開ひこうかい個人情報こじんじょうほうでした。それをキャッチャーの前で、プライバシー角度の視野角しやかく0度でうつすのです。

 そのノートのなかの、ソルのフォントの色は、他の子と少しちがっていました。彼をふくめ、三分の二いじょうが、チャートに色わけされていました。

 キャッチャーにはノートがあり、サーブロックによるノウハウがあり、なにより全体をみはからう、カンオンのアシストがあります。コトバのつぎほに、こまることはありません。

「ソルの足には、ハネが生えてるのぉ?」

「……」

 かた足をひきかけ、やめました。彼は濃紺のうこんのフェイク・デニム地のクツをはいていました。その左右の外がわに白いはねが、FONDAのエンブレムみたいに、プリントされていました。

「自分でやったのぉ?」

 くびを横にふりました。

「ふぅーん」

 ほめられるのをさけるために、彼はウソをつきました。だって、クリックしただけですから。でも、ここでは「えらぶ」と「する」は、おなじことなんです。

「すっごい、センスいいねぇ」

「ねぇねぇこれ見て!」

 パッと、タイトスカートの足を上げます。ローズレッドのハートに矢がささり、一対いっついの白いはねが生えています。ふとももの内がわの、アンジェリークなピンポイント。でもなぜか、すぐに足をひっこめました。

「あ、はい」

「あ、はい」

「はい」

「はい」

「はい」

「はいっ」(語尾上がり)

 うってかわってシビアな声。なにやら、あわただしいシュザンヌ。

「……」

 むかんしんなソル。

 ちんもく。数秒間すうびょうかん放送事故ほうそうじこをへて。

「フフフ」

 シュザンヌはとつぜん、わらいだしました。

「?」

 びっくりするソル。

「もぉー、やめてよぉー、フフフフフ」

 彼女はやおら、おすように彼をこづいて、ほほえんでみせました。

「……」

 たましいが合理的ごうりてきにできている彼は、わらいませんでした。わらえばいいとおもうよ、ソル。

 おそらく状況じょうきょうからさっするに、コモンからのしじが、彼女のワイヤレス・イヤホンに、とんだものとおもわれます。

 コモンは別室べっしつにいて、いくつかのルームを、モニターチェックしています。登録とうろくされたキーワード、ポリティカル・コレクトネスでないコトバ、イレギュラーな挙動きょどうに、期間契約きかんけいやくソフトが、画面上の色と音で反応はんのうして、観察者かんさつしゃにしらせるのです。

 コモン、キャッチャー、コーディネイターの三位一体さんみいったいによって、責任せきにん所在しょざい負担ふたん分散ぶんさんさせる、大人のちえでした。

 さあ今から、たいくつな共有じゅぎょうの時間のはじまりです。


(他サイトでも投稿しています。)

→次へ みなし児ヴィデオ・オレンジ 2 (目覚め 2 惑溺)