スマホ640pix



      探索 1 アルトゥとイェレミー



 ホルスは、こまっていました。ホルスはおいつめられていました。
「あれあれあれあれあれぇー」
 アルトゥ。
「あれあれあれあれあれぇー」
 イェレミー。
「いいのかな、いいのかなぁ?」
 アルトゥ。
「いいのかな、いいのかなぁ?」
 イェレミー。
「もってんでしょ? もってんでしょ?」
 アルトゥ。
「もってんでしょ? もってんでしょ?」
 イェレミー。
「なーに、かくしてんのさ、バレバレですけど?」
 アルトゥ。
「それさ、いいと思ってんの?」
 イェレミー。
 ホルスは服の下に入れたりょう手を、どうしようか、まよっていました。
「さむいだけ、カンケイないじゃん」
 モゾモゾするホルス。
「手を入れてるだけにしては、ずいぶん、おなかがふくれてますよ?」
 あくまで、れいせつをうしなわない、アルトゥ。
「きみにはカンケイなくても、その下のモノにはカンケイあるの」
 わらいをこらえながらのイェレミー。
「なんだって、カンケイないだろ」
 みずからの不運《ふうん》を呪《のろ》う、ホルス。
「アレ、みとめちゃうの、もってんの?」
 くだけたちょうしの、アルトゥ。
「うん、みとめちゃったね」
 えがおで反対側《はんたいがわ》にまわって、道をふさぐ、イェレミー。
 二人は終始《しゅうし》、たのしそう。
 ホルスは、ハラがたっていました。いいようもなく。でも、どうすることもできません。とにかく今、自分がアタマにきているのだけは、たしかなんです。
「それは、きみのものかな?」
 アルトゥ。
「だれのものかな?」
 イェレミー。
「おまえらのものじゃないさ」
「ぷっ」
 文字どおり口にだし、わらいを頃して顔《かお》をみあわせる二人。
「いうねえ」
 イェレミー。
「きゅうに、おりこうさんに、なったのかな?」
 アルトゥ。
 ホルスのなかの審級《しんきゅう》が一つとびました。彼のタガがハズレやすくなったのです。
 もうなぐっても、よくね? でもけっきょく、そう思っただけ。それをわかってて、やってます、この二人。まだまだ、ぜんぜん、ダイジョーブって。
「それ、野生《やせい》って、しってるかな?」
 アルトゥ。
「じぶんかってなことしてると、タイーホされるぞ」
 イェレミー。
「おいおい、いきなりかよ!」
 アルトゥ。
「それは君《きみ》のもんじゃないの、だれのもんでもないの、それは野生《やせい》なの、やたらと拾《ひろ》っちゃイケナノ、かってに飼《か》っちゃダメナノ、キチンと届《とど》け出なくちゃイケナイノ、そうしないと《《みんな》》にメーワクがかかるの、わかる?」
 いっきにたたみこむ、アルトゥ。
「なーんにも、しらないくせに!」
 ちょうしを合わせる、イェレミー。
「おいおい、しらないっていうなよ」
 アルトゥは目くばせして、イェレミーをヒジでこづきます。
「ヤセーて?」
「ブゥー」
 こんどは、すなおに大爆笑《だいばくしょう》する二人。
「うわ、でたよ、マジだよ」
「しらないって、そりゃまあ、しらないよね」
 二人でわらって、こづきあっています。
 ホルスは、りょう手をおなかにいれっぱなしなのをわすれて、ちゅうぶらりんになった怒《いか》りと、いごこちのわるさに、さいなまれていました。


 スモウ川のスーパー堤防《ていぼう》の上に、白い花びらが散乱《さんらん》していました。ソルは花粉症用《かふんしょうよう》の大きなマスクとゴーグルに、それにうすでの白い手袋《てぶくろ》をはめ、手ぶらで歩いていました。カンオンがナビをするので、迷子《まいご》を心配《しんぱい》したことがありません。
 川の見はらしがよくなりました。左右の樹木《じゅもく》のカベが消え、かわって右がわに高いフェンスがそびえ立ちました。フェンスごしに、こんもりとした、サクラのこずえが見下ろせます。このあたりから、まだ区画整理《くかくせいり》が行われていない、基本計画地区《きほんけいかくちく》に入りました。とりのこされた木々が、凹《へこ》んだコンクリートに囲《かこ》われ、開けた左がわでは、間のびするほど、ゆるやかなスロープがひろがっています。その緑《みどり》のはてに、スモウ川の水面《すいめん》が輝《かがや》いていました。
 この間まで、彼は歩くのがキライでした。体をうごかすことがキライでした。最近の彼は、どこかせわしないです。休日となると日課《にっか》みたいに、どこかをほっつき歩いていました。
 まえの方で三人の男の子が、かたまっています。うち二人は、ソルのみおぼえのある、エリゼの子たちでした。彼は外で、しっている人とあうのがイヤでした。でもここで、踵《きびす》をかえすことができません。とっさに決《き》められない彼は、足どり重く、ずるずるとちかづいてゆきました。
 一人より、他人《ひと》といっしょは、自分が「いる」のをウキボリにします。「いる」は、彼を不安《ふあん》にさせます。不安《ふあん》とは、生の先どりです。未来に比重《ひじゅう》のかかったあり方です。今の彼は、ただ「ある」だけで、手いっぱいなのかもしれません。
 だれも見ていません。彼一人です。監視《モニター》しているものは、だれもいないはずです。今すべきは――しても、しなくても、どっちでもいいことですが――ただの方向転換《ほうこうてんかん》でした。
「おやおやおや」
「おやおやおや」
「いやぁねぇ、ヘンなのがきたぞ」
「いやぁ、これは、めずらしい」
 ヘラヘラ顔《がお》の二人。
「なかがいいんだな、あいかわらず」
 ソルは知的洞察《よみ》だけはできるので、二人の機先《きせん》を制《せい》します。さいわい相手《あいて》の小者臭《こものしゅう》をみてとり、心ここにあらずの、ういた感じはしませんでした。
「おや、おや」
 杉下右京ふう(ドラマ相棒)でかえす、アルトゥ。
「いや、子のこがさぁ」
 いいよるイェレミー。
「――しらないっていうからね」
 ソルはしらない子のおなかのあたりに、目をうばわれます。モゾモゾ、シャツから白いモノがハミでていました。
 アルトゥとイェレミーは、ソルと同じ色ちがいの服を着ています。ぱっと見、エリゼの子らの服は、かるく感じます。その素材《そざい》のキメのこまかさは、まるでセンイを用《もち》いていないようでした。まぢかで見ても、糸を判別《はんべつ》できません。それにくらべると、ホルスの服はどこかヤボッたく、カセンのウネが見えてケバだち、しめって重たく感じました。
 エリゼの子らの服は新品《しんぴん》のようでした。経年劣化《けいねんれっか》がなく、よごれ一つみられません。そもそもエリゼでは、おなじ服を着つづけることが、できなかったのです。個《こ》の生理《せいり》のレベルから、親の意向《いこう》、社会的《しゃかいてき》な条例《きまり》、経済的《けいざいてき》な諸事情《しょじじょう》にいたるまで。
 ホルスの方は、ふつうにこなれて見えました。そばで見くらべないと、気づかないかもしれませんが。それよりも、ホルスにはもっと大きなちがいがありました。
「もうメンドクサイからさー、だせよ」
「いやさ、この子がさ、もってんだよ、アレを」
 アレアレと、かた方が、ホルスのおなかをさしました。
 もともと他人にきょうみのないソルは、どっちがどっちかわからず、名前もウロおぼえでした。
「ムキョカ、なんだぜ」
「この子、カンオンがないから、しらないのさ」
「あ~あ、いっちゃった、サベツだぜ」
 ひたいに手をあてて、アルトゥがいいました。
「キャベツ、キャベツウウ~」
 そういわれて、やっとモヤモヤがハレました。たしかに、この子のまわりにはカンオンがいません。
「こいつらみんな、自由《ジユー》が好きなのさ」
「ピー、あぶなーい」
 立てた人さし指《ゆび》を口にあてます。
 いくら世間《せけん》に疎《うと》いソルでも、それぐらいは知《し》っていました。ホルスは自由民《じゆうみん》の子なのです。依存民《いそんみん》ともいわれますが、それは|不適切な表現《ポリティカル・コレクトネスでないもの》でした。彼らはソルたち自立民《じりつみん》とちがって、カンオンをもっていませんでした。
「どんだけジユーが好きで、ジョウホーがキライでも、《《みんな》》のメイワクになるっていうのが、わからないの?」
 ホルスはただ、だまっています。
「キタナイな、野生《やせい》のものなんかを、服にいれっぱなしにして」
「もう、ぼくらのカンオンが見てしまったからね、おあいにくさま」
「それは君のものにはならないよ、手おくれさ」
「どういうこと?」
 ホルスから、なかば鳥は出てしまっていました。ソルの目はクギづけでした。そのまばゆい白い羽《はね》に。
「すぐに大人たちがやってくるのさ、そいつをとりにね、鳥だけに!」
「うわっ、こいつ、マジツマンネ~」
 ケラケラわらう二人。
「フン、だれが来んのさ?」
「鳥、はっけん、だれ、くる、|コーキョー《公共》、あんない」
 ホルスを見たまま、やつぎばやにイェレミーがいいました。
 現在《げんざい》、カンオンは対人にかぎっていうと、音声パターン、脈《みゃく》の振動《しんどう》、息のスペクトルによる分光分析《ぶんこうぶんせきぶんせき》、体表面温度《たいひょうめんおんど》等を、人間の五感以上《ごかんいじょう》のセンサーを駆使《くし》し処理《しょり》しています。それらにもとづき、各自の行動パターン分析《ぶんせき》、防犯映像解析《ぼうはんえいぞうかいせき》、動作測予測分析《どうさよそくぶんせき》などを合わせ、情報行動科学的解釈《じょうほうこうどうかがくてきかいしゃく》により、未来予測《みらいよそく》を立てていました。人の一歩まえをゆくかのごときその働《はたら》きから、カンオンは「心のつえ」とよばれていました。
 それらすべてのビックデータを相互《そうご》に鑑《かんが》み、光のはやさで判断《はんだん》を下すと、イェレミーのおもわくが、空中に反映《はんえい》されました。
「ピンポンパンポ~ン」
 首《くび》に黄色いスカーフをまいた、おねえさんがあらわれました。おなかに手をあて、深々《ふかぶか》とおじぎをします。市役所《しやくしょ》の、動物愛護課《いきものがかり》のあんないが、はじまりました。
 おねえさんの左右では、ダイエット食品《しょくひん》、ミネラルウオーター、ヒーローフィギュア、四人であそぶ格闘《バトル》モンスターゲーム、ちょっとエッチなマンガ、添加物《てんかぶつ》少な目をうたう原色のおかしと、ソフトドリンク等の画《え》が、ぴょんぴょん、とびはねています。
 映像《えてぞう》が切りかわり、二人のキャラクターアイコンが登場《とうじょう》しました。十代の女の子と、その半分の背丈《せたけ》もない、動愛護課《いきものがかり》の課長《かちょう》のコンビでした。二人からの提案《ていあん》「生物多様性《せいぶつたようせい》の重要性《じゅうようせい》の」インストリーム公共広告《こうきょうこうこく》がはじまりました。これはスキップできない動画《どうが》なので、みんなでまちます。いっせいに、みんなで直《じか》に、地ベタにしゃがみこみました。

 やっとおわりました。水辺《みずべ》の画《え》が、ホワイトからのフェード・インで、うかび上がってきます。「ヒトと動物たちとの共生《きょうせい》、都会《とかい》でも生きている動物たちシリーズその4。皇居《こうきょ》の水辺《みずべ》、千鳥ヶ淵《ちどりがふち》のおほりの水鳥たち」がはじまりました。
 なかなか、ほんだいに入ってくれません。イェレミーとアルトゥが、むごんの間のわるさを、もてあましていました。
 クスクスするホルス。
「いつになったら、はじまんだよ」
「しっ! だまってろよ」
 いつもは冷静《れいせい》なアルトゥが、どなりました。
 ホルスは鳥をすっかり出して、アタマをなでています。目のはしで、ソルはそれに魅入《みい》られていました。
 カンオンとは、万能《ばんのう》ではなかったのでしょうか? いいえ万能《ばんのう》です。人間よりはるかに優秀《ゆうしゅう》です。ただし、自分がなにを知《し》りたいか、しってさえいれば。
 なぜかつぎは、カラス対策《たいさく》の映像《えいぞう》にきりかわりました。
「……から晩秋《ばんしゅう》にかけて……にミヤマカラスの大群《たいぐん》がよく見られるのは、この場所で越冬《えっとう》をするためです。冬ちかくになると、彼らが大陸《たいりく》からやってくる理由《りゆう》は、つめたい気温《きおん》のためではなく、冬になると減少《げんしょう》するエサ事情《じじょう》からな……」
 「……げんざいのカラス対策《たいさく》には、ハンターなどの駆除《くじょ》によらず、彼らの習性《しゅうせい》をよく理解《りかい》した上で、それを利用《りよう》するものが求《もと》められています。カラスは臭覚《しゅうかく》より視覚《しかく》にすぐれ……」
 「……ですから、このように出されたゴミの管理《かんり》には細心《さいしん》の注意《はらい》をはらい、さいごまできちんと収納扉《しゅうのうとびら》の密閉《みっぺい》を確認《かくにん》して……」
「ふぁー、おわった?」
 あくびをするフリのホルス。
「まてよ、これだからジユーは」
 にがりきって、イェレミーが答えます。
「鳥、見つける、|ツーホー《通報》!」
 アルトゥがどなります。
「……に飛来《ひらい》するハシボソカラス。四月から七月にかけての繁殖期《はんしょくき》をむかえ……さかんに…………ゴルフ場のツーホール目で見られ、ボールなどをもちさり――」
「いいよ、もう」
 アルトゥが、イェレミーのカンオンをとじさせました。イェレミーは、だまったまま。カンオンが同意《どうい》をくみとったのでした。
「あとで大人の人にいっとくから」
「でもどうせ、カンオンがジドーテキに、やってくれてるさ」
 二人で交互《こうご》に、はきすてました。
 ホルスは少しつよがりつつ、
「へんっ、だ!」
 そっぽをむき、いきかけました。
 ソルがビクッとなって、ホルスに声をかけます。
「いいのかいキミは、このままで」
「?」
「ほら、アレだよアレ」
「アレだ、えーと、このままだと、だれかくるよ、だれか」
「まってていいの、キミは?」
「こまるよね、やっぱ」
「ちゃんとしときたいよね、やっぱ」
 アタフタつづけるソル。
「……?」
 とつぜんみしらぬ子に、いんねんをつけられたかっこうのホルス。
 なにやってんだ、オレ? ソルは考えながらはなす、自分の行動力《こうどうりょく》に、ビックリしていました。みしらぬ自由民《じゆうみん》の子の服をつかんでいるのを、頭《あたま》のはしに隔離《ほりゅう》しながら。
「ほら、アレだよアレ」
「ト―ロクだよ、|トーロク《登録》」
 ソルは頭《あたま》の中の検索《けんさく》で、この場をとっぱする、キーワード抽出《ちゅうしゅつ》に成功《せいこう》しました。
「ト―ロクってゆうのしたら、かってもいいの?」
「いや、よくわからないけど……、カンオンが……」
「カンオンが……」
 ホルスを見ずに。
「カンオンが、なんとかしてくれるさ」
 くるっと、むきをかえ、ホルスの服をひっぱります。
「とりあえず、むこういって、そうだんしようよ」
 ソルも自分がなにをいっているのか、よくわかっていませんでした。
 かるくひっぱる彼のうでに、ホルスの体重《たいじゅう》がかかっています。拒絶《きょぜつ》を確信《かくしん》したやさき、少しかるくなって、ホッとしました。
 二人はぎこちなく、うごきはじめました。
「……」
「……」
 しゃべらないアルトゥとイェレミー。二人ともだまっていました。さっきから、ソルはジャマ立てを警戒《けいかい》して、心の中で、からぶりをつづけていました。
 慣性《かんせい》の法則《ほうそく》がはたらくように、ソルをせんとうにして、じょじょに二両《にりょう》の電車《でんしゃ》が、スピードを上げていきます。やく二名をおきざりにして、とおざかってゆきました。

(他サイトでも投稿しています。)

←戻る みなし児ヴィデオ・オレンジ 3 (目覚め 3 リトリート)
→次へ みなし児ヴィデオ・オレンジ 5 (探究 2 ホルスの家)